FXの対象は、各国の通貨があります。流通通貨について勉強してみようと予定しています。・流通貨幣には「基軸通貨」という名で称される通貨があります。基軸通貨の意味ですが各国間での決済や金融機関の取引に際して使用される通貨のことを言いますが、今日では$(米ドル)です。かつてはスターリング・ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦が終わった後は米ドルになりました。・FXを使って取引きしている公式貨幣の種類については他で言う外貨の投資に比べてみて非常に頻繁というのが特殊性でしょう。FX会社間によって、取り扱う公式通貨の種類に関しては、変わっていますが、通常では20種類前後の模様です。その中でも変動が高い貨幣をメジャー通貨と呼びます。動きが大きいとは売り買いが行われているという事であり、公式貨幣の商売が簡易なという事を意味します。主要な貨幣には述べた基軸通貨であるアメリカ合衆国ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロの3種があって世界の3大通貨名付けられています。豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と称されております。これらの通貨以外の変動性が低い通貨においてはマイナー通貨と呼ばれて、比較的国力や経済に関するパワーが弱い国の流通貨幣で南アフリカランドや人民元、インドルピー、トルコリラなどが主要な通貨に関してはドレードされてる量が多量ですというのもあって価格の起伏が安定していて、ニュースの量も豊富なとのことです。マイナー通貨については金利の面で高い価格な通貨が多いので価格の起伏がかなりあるとの事です。値の高安がかなりあるいう事に関して沢山な収益を掴む機会が存在しますが、利益がある分マイナス要因も大きくて不安定事があります。加えて動きが低い流通貨幣なのでかたを付けを望む時として不可能であるかもしれない事があるでしょう。どの種類の通貨を選び出すのかという事については各々の公式通貨の性状をしっかりと調査してから行動を起こす事は不可欠であると考えます。